CIDER INC.

SHEET

“しない”というおしゃれ

journal

通常おしゃれというものは、”する”ものとして認識されているかと思うが、”しない”おしゃれというものもある。

それはそれは誰にも相手にされないおしゃれなので、するときは是非気をつけていただきたい。

 

どういうのかと言えば、ちょうど年末に 漫才師のかまいたちさんがM-1で披露したネタでトトロを観たことがない自慢という話をしていたが、まさにそれがそれ。

自慢というかそれはもはやこちらから言うとおしゃれ。

 

きっと皆さんにも少なくとも一個はあるはず、やったらやったでたのしいのに意固地になってあえてしないおしゃれ。

 

僕は、ディズニーに行かないおしゃれというものを何十年も貫いていた。ランドは少なくとも子供の時に連れて行かれていってたのだが、大人になって女の子とデートするような年頃になってからは一切行ってない。シーに関してはヴァージンをとにかく守っていた。

 

「シー、いったことないんだよねー」と得意気に言ってみては、みんなの乾いた「えーー信じられなーい」という言葉を貯めまくった。

 

だが、ほどなくして、いまの妻と結婚をして、「ディズニー行かないおしゃれはもう分かったから」とあしらわれ長年貫いた渾身のおしゃれは瞬時に奪われた。

それにしても、ディズニーシーは酒が飲めて最高だ、何度だって行きたい。

 

ただ、もうひとつ”残おしゃれ”が僕にはある。
スターウォーズを観てないおしゃれだ。SFが好きとか嫌いとか論ずる以前にもはやどこからみていいかわからないので、おしゃれに転嫁している。もはやちょっと観たい。

 

現在も新作がやっていて、社内でも盛り上がりを見せている。

 

というわけで、お知らせです。

うちのデザイナ−の田口くんも参加する、「私たちのS.W.展」がこの週末開催されるようです。

スターウォーズ好きなクリエイターが、スターウォーズにまつわるものを絵にしたり、物体にしたりする展だと思います。

 

わざわざ行くのもよし、ついでに行くのもよし、ですのでお見知り置きをです。

 

ちなみに、この展示のメイングラフィックはよく駅の構内に案内としてガムテープで描かれているフォントを模してますね、と思ったらそのご本人に頼んだらしく実物も観れるかもしれませんよ。

板わさ

journal

飲む目的で入った蕎麦屋ではかならず板わさを頼む、なぜかというと好きだから、だ。

 

「蕎麦前なくして蕎麦屋なし」ってのは池波正太郎の言葉だが、蕎麦の前にはやっぱり何か軽くつまみたい。

 

私のやり方としては、瓶ビールと板わさを最初に頼み、瓶ビールがグラス一杯分くらい残ってるところで、日本酒を注文し、板わさをやり、更に板わさを一枚残したところでもりそばをよこしてもらう、確実にどうでもいい話で呆れる。

 

蕎麦屋の話になりそうなところをかまぼこに戻すとして、個人的に、板わさの”わさ”の部分のベストは、わさび漬けがいい、やけに得した気になる。

正月のいくらの醤油漬けと一緒に食べるのもいい。

 

これはうちが作ったサイトではないけど、とても面白いサイトだし、何よりもかまぼこの仕事が羨ましい。

http://kama1000.jp/

くだものが好きだとして

journal

今も昔も果物が好きですね。

 

小さい頃は、スイカが大好きで、毎年、夏になるとおばあちゃんが送ってくれるのが嬉しかったです。

はたまた、志村けんがスイカ早食いしてこっちを笑わせておきながら、食べすぎてスイカ男になって暗闇を走る姿は怖かったんですけど、こちらのスイカ好きが勝って、トラウマ一歩手前でセーフでしたね。

 

海外行くとフルーツが安くて、剥いて、切って、してくれてて手軽に食べられるので、どか食いしてます。

この前、スペイン行った時に、市場に出向いたんですけど、そこでカラフルに彩られたフルーツジュース屋さんがあってこの世の全ての果物のフレッシュジュースがあるじゃん!って思って、テンションあがりつつ、スイカジュースをオーダーして飲んだんですけど、甘ぁぁ><でしたね。そうそう、人工甘味料ってこういう味だったよなと再認識できて感動しました。お店もよくよく見たら、果物たくさん置いてる雰囲気はあるけど、飾り用くらいしか置いてなかったです。

 

地味かもしれないけど、やっててとても楽しいお仕事の話。

果物とかに貼ってあるシールのデザインをしています、こういった。

 

 

みなさんの生活で見つけてもらえるかもしれない、こういう忍ばせたようなお仕事楽しいです。

スーパーなどで見かけたら、あ、って思ってもらえると。

 

事務所をリロケーションしました2020

journal

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

また、昨年12月に事務所を移転しました。

 

以前いた場所はもう10年近くいましたので、なかなか名残惜しかったのですが、新天地で仕事が出来ることをメンバー一同わくわくどきどきしています。

このモチベーションで2020年も良い仕事をしていきたいと思っています。

 

 

新住所

CIDER inc.